Various Colorsからのお知らせ

2021年1月4日

犬に与えてはいけない食べ物

犬に与えてはいけない食べ物

飼い主さんが美味しそうなものを食べていると、それを見て犬がおねだりしてくる事があると思います。なかにはおねだりに負けて、食べているものを与えてしまう人もいるかもしれません。ただし、人にとって美味しい食べ物でも、犬にとって悪影響を与える場合があります。犬に与えてはいけない食べ物をしっかり覚えておいて、食べさせないようにしましょう。

IMG_1634.jpeg

絶対に与えてはいけない代表的な食材

絶対に与えてはならない代表的な食材をいくつか挙げます。これらの食材は最悪の場合、口にすると命の危険が生じることもありますので、絶対に与えないようにしてください。

チョコレート
チョコレートに含まれる「テオブロミン」という物質を分解することができず、嘔吐や下痢、発熱や痙攣などの原因となり、最悪の場合は命を落とすこともあります。また、コーヒーに含まれるカフェインにもテオブロミンに似た構造があり、 同様の作用があるため、与えてはいけません。

ぶどう
犬がぶどうを食べると、嘔吐や急性腎不全などを引き起こす可能性があり、最悪の場合は死亡することもあります。今のところそれらを引き起こす原因は定かにはなっていませんが、特に皮が危険であると言われています。レーズン入りのパンなども同じく危険ですので注意しましょう。

キシリトール

人が噛むガムによく含まれています。犬が口にしてしまった場合、少量であっても嘔吐を催すことがあります。また場合によっては血糖値が急激に低下、肝不全を引き起こし、最悪のケースでは死亡することもあります。人間用のガムを食べさせない事はもちろん、犬の歯磨きをする際に絶対に人間用の歯磨き粉は使用せず、犬用の歯磨き粉やケア用品を使用してください。

IMG_1636.jpeg

たまねぎ・ネギ類

タマネギ・ネギ類は犬にとって非常に危険な食べ物です。これらに含まれる有機チオ硫酸化合物という成分が犬の赤血球を破壊してしまい溶血性貧血を起こします。そして、血尿・下痢・嘔吐・発熱などの症状をともなう中毒を引き起こしてしまう危険性があります。

また、有機チオ硫酸化合物は、加熱したり冷凍したりしても消えることがないため、ハンバーグなどに含まれるタマネギやネギのエキスが入ったお味噌汁などでも症状が発症しますので、気をつけましょう。

鳥の骨
加熱してもろくなった骨は、噛み砕いて飲み込んでしまうと食道や胃などの消化器を傷をつける恐れがあります。それにより、最悪の場合、腹膜炎や腸閉塞を引き起こし死に至るケースもあります。また、消化されにくいことから、嘔吐や下痢を引き起こす場合もあります。

IMG_1633.jpeg

まとめ

今回挙げた食べ物以外にも、犬にとって悪影響を与える食べ物や植物などはたくさんあります。

飼い主さんが与えなくても、他人がおやつとして食べさせようとしたり、うっかりテーブルに置き忘れたものを食べてしまう、というケースもあるでしょう。

もし犬からおねだりされても、犬の健康を考えてグッと我慢。人の食べ物を与えない、また食べ物の管理をしっかり行なうよう注意し、代わりに犬用の美味しいオヤツを食べさせてあげましょう。

ただし、与えすぎにも気を付けてください。

一覧ページに戻る

同じカテゴリを記事を見る

みなさまからのご意見・応援
お待ちしております。

皆様からのご支援で、動物たちの命が救われます。応援をよろしくお願いいたします。
LINE@又は、メールにてお問い合わせください。

Copyright © Various Colors All rights reserved
single-news